柿ペーストと干し柿の玄米粉クッキー

甘くて栄養価の高い柿を無農薬玄米粉に練り込んだ自然の甘みが特徴的な幼児の健康おやつ。

幼児の健康おやつ柿ペーストと干し柿の玄米粉クッキー

「和菓子の甘さは干し柿をもって最上とする」

という言い回しがあるほど干し柿の甘さは昔から和菓子の甘さの基準とされてきました。干し柿のもととなる柿にはビタミン、ミネラル、カリウム、食物繊維など多くの栄養が含まれています。

柿ペーストと干し柿の玄米粉クッキーのページでは、甘くて栄養価の高い柿とマンモス農園でつくる無農薬玄米を使った健康的な幼児のおやつをご紹介します。

スポンサーリンク

柿の効能と幼児のおやつに取り入れた理由

柿の栄養価は高いうえ、柿を干すと砂糖の1.5倍、練り羊羹と同じ甘さになり幼児のおやつに最適な自然の甘味料。

幼児の健康おやつ素材柿を狙う娘

柿はビタミン(C、A、K、B1、B2)やカリウム、ミネラル等を豊富に含んでいる健康食。そのため「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、栄養価が高い食べ物として昔から知られています。

森のようちえんやようちえんがお休みの日でも森の中で過ごすことが多い娘は、秋になるとよく熟れた柿を木からもぎとり皮ごと食べています。

柿の皮には、高濃度の食物繊維やミネラルが含まれており、まるごと食べることで柿の栄養をあますことなくとりこめるのです。

ただし、柿は体を冷やすので1日に食べていいのは1〜2個まで! そんなルールを娘と決めると次の日からたくさんの柿のお土産が家に届くようになりました。

幼児の健康おやつ柿の玄米粉クッキーの作り方と仕入先

温暖な淡路島に実る柿をまぜて、まるめて、オーブンで焼くだけの幼児のおやつ。

幼児の健康おやつ柿ペーストと干し柿の玄米粉クッキーを外で食べる

幼児の健康おやつ、柿ペーストと干し柿の玄米粉クッキーの作り方は、とてもシンプル。

玄米粉、オリーブオイル、柿ペースト、干し柿、おから、豆乳をまぜて、好みの大きさに丸めて、170度のオーブンで15分焼くだけ!

  • 玄米粉(無農薬玄米をお米屋さんで挽いて粉にしてもらいます)
  • オリーブオイル
  • 柿ペースト、干し柿
  • おから
  • 豆乳

淡路島は温暖で柿の栽培に適している環境にあります。そのためか、一軒家には必ずと言ってよいほど柿の木があり、富有柿や次郎柿などの甘柿や渋柿がたわわに実っています。

そのため、柿を買うことは少なく淡路島マンモスにある柿の木やお友達から頂いた柿を使い柿ペーストと干し柿を作り玄米粉クッキーを焼いています。

もちろん、柿の時期になると淡路島の中にある産直市場でも美味しい柿がとても安く販売されているので購入することもできます。

最後に夫が子どもたちと外遊びしている間に撮った写真をいくつかご紹介します。この日のおやつは、もちろん柿ペーストと干し柿の玄米粉クッキー!

五感を使って遊ぶプレーパークマンモスの入り口(プレーパークマンモスの入り口)

自由な遊びができるマンモス広場のブランコ(マンモス広場にあるブランコ)

スポンサーリンク